FOOTBALL HOURS+フットボールアワーズ
フットボール(サッカー)をこよなく愛して止まない者同士で、1日中語りあいましょう!決して語り止む事は無いフットボールネタ満載の365日!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
C・ロナウドがポルトガル年間最優秀選手に!!
man-utd_logo.gif

ポルトガル国内のメディアによる年間MVPにクリスティアーノ・ロナウドが選出された。マンチェスター・ユナイテッド所属のロナウドは、土曜日のプレミアリーグで3試合連続となる1試合2得点を記録。日曜日には大手スポーツ紙『ア・ボーラ』により2006年の最優秀スポーツ選手に選ばれた。

 授賞理由は「ポルトガルのサッカーを世界に広めるのに多大な貢献をしたことによるもの」と説明されている。ロナウドは現在21歳。2004年にはチェルシーのジョゼ・モリーニョ監督、2005年にはベンフィカで活躍したヌノ・ゴメス(元フィオレンティーナ)がこの賞を受賞した。
sp3-1-1.gif

[C・ロナウドがポルトガル年間最優秀選手に!!]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:イングランドープレミアシップ - ジャンル:スポーツ

インテルが若手のフィッリョメーニを獲得!!
inter_logo.gif

インテルはクロトーネの下部組織出身の19歳のセンターバック、ジュゼッペ・フィッリョメーニを獲得した。

 フィッリョメーニは今季からクロトーネのトップチームに定着して何度かベンチに入り、ラ・スペツィアとのアウエーゲームでセリエBデビューを果たした。1月初旬にミラノに到着し、インテルでの新たな挑戦を開始する予定となっている。
sp3-1-1.gif

[インテルが若手のフィッリョメーニを獲得!! ]の続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

バルセロナのベレッチ、ミランとの交渉を否定!
fc-barcelona_logo.gif

バルセロナも代理人を務める兄のサンドロ・ベレッチ氏も、DFジュリアーノ・ベレッチのミランへの移籍を否定している。ベレッチは今年6月のチャンピオンズリーグ決勝でバルセロナを優勝に導く決勝点を記録した選手。

 まずはバルセロナの強化部長が否定のコメントを出した。
「どうしてこんなニュースが出てきたのか分からない。だが、ミランの関係者が誰もわれわれのクラブと連絡を取っていないということは保証できる。選手には接触したのかもしれないが、われわれのところには誰も話を持ち掛けてきてはいない。バルセロナはベレッチのプレーに非常に満足しており、彼がバルセロナで心地よく過ごしていることも間違いないと分かっている」

 その直後には代理人のサンドロ・ベレッチ氏も次のようにコメントした。
「ミランの首脳陣とは一切接触していない。ジュリアーノ自身もバルセロナとの契約が2年間(2008年6月まで)残っており、クラブからの契約延長の条件提示を待ちたいと考えている。それが何よりも優先される選択だ。ほかのクラブからのオファーについて検討する可能性もあるが、それはバルセロナが契約を延長しないと決めた場合だけだ」
sp3-1-1.gif

[バルセロナのベレッチ、ミランとの交渉を否定! ]の続きを読む

テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

バレンシアのビセンテ「ガラスの足首と言われることには飽き飽き」
valencia_logo.gif

バレンシアのビセンテに本当の笑顔が戻り始めた。「もうガラスの足首と言われることには飽き飽きだ。ピッチ上に立てば、けがのことについてはすべて忘れている。試合の時に唯一持つ意識は、勝利のためにプレーすること。また、ピッチに立つということは、つまり100パーセントの状態であるという意味だ」と精神的にも肉体的にも良い状態であることを説明した。

 チームはクリスマス休暇を終えて、28日から再始動した。ビセンテはフィジカルテストでトップクラスの数値を出したものの、軽い肉離れを起こし、30日午前の練習は室内での個別メニューとなった。この日会見に応じたフィジカルコーチのパコ氏は、「休暇明けにはそういった軽度のけがは付きもの。年明け2日の練習再開時には万全のコンディションになる」と説明。その上で、ビセンテのみならず、「どの選手も完ぺきなコンディションで休暇から戻ってきてくれた。とても満足しているし、私のフィジカルコーチの経歴上、これ程までにフィジカルテストで良い数値を出したチームはなかった」と驚きも見せた。

 ビセンテはチームについて、「12月の3連勝によって、これまで通りのバレンシアのサッカーを取り戻すことができた。サイドを使うサッカー、スピーディーな展開に安定感ある守備組織、そして得点感覚のあるFWといったものを取り戻した」と分析。「けが人の復帰は大きい。特にバラハやアルベルダ、そして自分も含めて7シーズンもクラブに在籍する選手たちが戻り、チームに与えた影響は大きいと思う」と主力の復帰を要因に挙げた。

 2007年の目標については、「誰もがチャンピオンズリーグ(CL)制覇を願っているだろう。このタイトルはまだバレンシアが獲得したことがないものだから」と語り、そのCLでのインテルとの対戦については、「インテルはここ数年、天敵といえる存在だった。これまでの対戦では、われわれの内容の方が良い時もあったが、常に負けてきた。来年こそは彼らに勝つ」と意気込みを示した。
sp3-1-1.gif

[バレンシアのビセンテ「ガラスの足首と言われることには飽き飽き」 ]の続きを読む

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

サビオラがエスパニョル移籍も視野に!!
fc-barcelona_logo.gif

2007年6月末でバルセロナとの契約が切れるハビエル・サビオラの代理人は、他クラブとの移籍交渉が解禁になる1月を前に、エスパニョルへの移籍を視野に入れていることを明らかにした。
「サビオラとは、今後のテーマについて何も話していない。ただ、バルセロナとの契約が満了し、自由の身になれば、どんなことも起こり得る状況だ。われわれは1月1日よりほかのクラブとの交渉が可能になるわけで、どんなクラブに対しても扉は閉じないつもりだ。エスパニョルにもその扉は開かれている」

 また、「サビオラは今のところバルセロナの一員として全力を尽くすことのみを考えている」とした上で、「既にバルセロナで一時代は築いた」とバルセロナでのサイクルが終わった認識であることを示した。移籍先については、「それは分からないし、サビオラ自身が決めることだ。サビオラはバルセロナの人々や街がとても好きだが、チームは変わる必要がある」と最後もバルセロナのライバルチーム、エスパニョルへの移籍をにおわす発言を残している。
sp3-1-1.gif

[サビオラがエスパニョル移籍も視野に!! ]の続きを読む

テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。